東京から関西 〜 カルチャーギャップと子育てブログ

案外良く働いていた私が子育てしながら思うこと。

関西には住みたい場所がない

関西は、東京に比べれば人口密度が低く、郊外の空は広い。

評判の住宅地をいくつもまわってみたが、私のような資産家ではない庶民で、ちょいと浮かれて消費に熱心な年収1500万円〜2500万円レベルのサラリーマンが住むのに適した場所、関西にはない。(そもそもみな年収が低い)

東京でのイメージとしては、東急東横線の祐天寺〜田園調布、奥沢、尾山台とか深沢とかあの辺り。
税金がっぽりとられ、本当は普通だと気付いていない浮かれたサラリーマンが楽しく政治家や芸能人にまじって家を買えるエリアがこれらなのだ。

旧東急分譲地なんていうエリアは特に道は整備されており、雨も通す最新のアスファルト。住宅地内には公園も点在、役所の支所もATMもあり、渋谷までの東急バス便も充実している。
もちろん、タクシーもすぐにつかまる。

私は東京での生活を基準に、関西で人気のエリア、芦屋をはじめとするエリアを見てみたが、どこも物足りない。

まちの作り方が雑で、道路が汚い。何よりもときめかないのは、家のデザインがどこも驚くほど古臭い。昭和のままだ。
有能なデザイナーがいないのか、洒落た家を見たことがないから普通の家を建てるのか。
マンションも同様だ。テンションがあがるようなデザイン、間取りのものはなく、和室が標準装備。
建具も安っぽく、こだわりがない。目が肥えていないのか、なんなのか…。

愚痴ばかりではあるが、上記のような東京城南地区から越してくる年収の高いサラリーマン(子持ち)が、この地味なブログを見つけたとして、私が長く住んでも良いな思うエリアは2つ。

阪急甲陽線の苦楽園口と阪急神戸線の岡本だ。
広告代理店など派手目なサラリーマンは苦楽園口、メーカーお堅いサラリーマンは岡本。ですな。
芦屋もいいが、ちょいと暗い。あと、芦屋というだけで(しかも東京言葉だと)関西の引越し屋だとかちょっとした業者はぼったくってくる。要注意。

まあ、すきっと「住みたい!この町」といえるところがないのだよ。残念。